男性と女性

介護付き有料老人ホームなら体がいうことを利かなくなっても安心

介護サービスの利用料金

パソコンを操作する人

会計業務の効率化

介護施設の利用者は、基本的に利用料金の約1割を自己負担するだけで済みます。残りの9割は、介護保険によって、公的機関から介護施設へと支払われるというシステムになっているのです。そしてその機関への請求をスムーズに行うことのできるソフトが、介護保険請求ソフトです。これには、介護サービスの料金はもちろん、利用者1人1人の住所氏名や利用時間なども入力できます。入力すると、利用者と公的機関のそれぞれに請求する利用料金が自動計算されるのです。つまり介護施設の職員は、自力で割合の計算をする必要がないということです。さらに介護保険請求ソフトでは、インターネットに接続することで、公的機関への請求も行うことができます。また利用者用の請求書も作成できるので、多くの介護施設が、会計業務の効率化のために介護保険請求ソフトを導入しています。介護保険請求ソフトは種類が豊富で、その多くは月額利用料金を支払うことで利用できるようになっています。相場は1ヶ月につき5千円前後ですが、複数のパソコンで利用する場合には、その台数分の利用料金がかかることもあります。また、定期的にメンテナンスやバージョンアップが行われるのですが、その料金は、無料ということがほとんどです。中には支払いが必要になる介護保険請求ソフトもあるので、事前に確認しておくことが大事です。操作性に関しては、体験版のある介護保険請求ソフトなら、それを利用することで確認できます。

Copyright © 2017 介護付き有料老人ホームなら体がいうことを利かなくなっても安心 All Rights Reserved.